アリゾナ州セドナでパワースポット体験。世界遺産グランドキャニオンのオプショナルツアーもご用意しています。

ホーム20.有意義だったセドナへの一人旅

セドナ旅行記

クラブワールドのツアーに参加したスタッフとお客様による旅行記です。
セドナとMt.シャスタの魅力がより身近に感じられます。


■10月27日発 「有意義だったセドナへの一人旅」Tさん

セドナツアーについてのアンケートに答えて頂きました。 セドナへの一人旅を満喫されたようで何よりです。今後も、よろしくお願いいたします。(クラブワールド スタッフより)
Q.何でこのツアーを知りましたか?
急遽セドナ行きを2週間前に決めて、クラブワールドさんにお願いしました。とにかく「今」行くことに意義があると、3泊5日のセドナ行きを決めました。
Q.一番印象に残っているのはなんですか?
ボルテックスで感じたパワーとエネルギー、雄大な景色、青い空、クレッグさんのリーディング セッションなどなど。
Q.ツアー中に何かエネルギーやパワーを感じるようなことはありましたか?
夜、ホテルにチェックインして、早速、アップタウンに散歩に行こうと、ホテルの坂道を歩きはじめて、すごく気持ちいいエネルギーを感じました。ベルロックでは、駐車場を降りたとたん、手の平がビリビリ。それはそれは強烈なパワーを感じました。どこもかしこも滅茶苦茶気持ちいい!
Q.どの場所が一番よかったですか?
キャセドラル ロックとボイントン キャニオン。女性的なパワーが強い場所が、非常に気持ちよく感じました。私は、男性っぽいものが何でも好きなんです。音楽も小説も男性がクリエイトするものが好き。ファッションとかも雑誌も男性向けのほうが、シンプルで好き。でも今回すごく女性的なパワーを感じることができて、真摯に一人の女性として、自立して、かっこよく、艶っぽく生きるべきだなあと(かなり照れますが…)とカチーナウーマンを見上げながら思ったのでした。 キャセドラルロックのブラックピラミッド。一直線に伸びているところに座って、オーククリークリバーを見下ろせるところすごく気持ちよかったです。神聖なところなので、座ってはいけなかったのでしょうか?今も写真を見るたびに、強烈なパワーを感じます。あれは凄いです。
Q.その他なんでも!
アマーラに泊まったのですが、そこでネイティブ アメリカンのフルートとお話がすごく良かったです。Kelvinさん、かっこいい!包容力があり、優しい。自分も優しくなれる。惚れちゃいますよ! http://www.kingbirdmusic.com/home.html(HPです。ご覧ください。) クレッグさんのセッションで、何度も言われた言葉が「Open Your Heart」でした。頭で考えないで、心で感じたことが正しいと言っていただきました。 今回の旅は、本当に「Open my heart」を気づかせてくれる旅だったんだと、今実感しています。そして、クレッグさんの「Open Your Heart」という言葉で自分の抱えていた、大きな重荷が開放されたこと。 そして Kelvinさんのフルート。「目を閉じて、心で聞きなさい」というメッセージ。 ボルテックスのパワーも感じることですよね。理屈ではなく、気持ちを開放するとエネルギーを感じることができるんです。セドナは、それを自然にさせてくれるところです。 今回は、完全に一人旅。現地では半沢さんと渡辺さんにアテンドしていただきましたが、どこもかしこも独り占めすることができ、周りに気を使うこともなく、自分のペースで動き、感じることができて大変有意義でした。一人でも大丈夫かしら?と思っている方がいらしたら、太鼓判です。お友達と行くのもいいですが、セドナは一人で、自分と向き合ったり、自分を取り戻すには最高の場所だと思います。とにかく行って、感じることが先決だと思います。迷っていたら、行動することにより道が開けると思います。 乱文にて失礼ました。本当にセドナに行ってよかったです。そうそう、私、馬に乗りたくて、日本でも何回か乗ったことがあるんです。乗馬といっても、ウェスタンスタイルというか、自然の中を走り回る、そういう原始的な乗馬です。そしたら、クレッグさんに指摘されました。馬に乗りたいと思っているって。どうしてわかるんでしょう。それもびっくりでした。 一人でも多くの日本人が、セドナを訪れて、パワーとエネルギーと気持ちの良さを感じてほしいですね。
  • 一覧へ戻る
  • このページのトップへ

このページのトップへ

お申し込みの際は、必ず条件書をお読み下さい。>>>条件書はこちらをクリックしてください ご相談・お問い合せはお気軽に Tel:03-5413-7787

お問合せ・お申し込み 株式会社クラブワールド Tel:03-5413-7787 Fax:03-5413-1338

  • セドナガイド
  • マウントシャスタガイド

このページのトップへ